家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド

柱と梁の関係

在来軸構法の柱には、通し柱とくだ柱があります。
2階建ての戸建てであれば、1階から2回にかけて2層分の柱を通し柱といい、1層分の柱をくだ柱と呼んでいます。
一般的には、2階の四隅に通し柱を配置するだけで、ほとんどの柱は1、2階を通さないくだ柱で構成されています。
軒桁、梁、胴差しなどの横に伸びる材木に接合されますが、強度的に安定させるために、建築金物で部材を結合させています。
建築基準法で、通し柱は12cm角の柱にすること、くだ柱は10.5cmの柱にすることと、決められています。
柱は長いほど折れやすいので座屈を防止するための措置となっています。
また、柱には、構造柱と化粧柱があり、一般的には構造柱のことを柱と呼んでいます。
化粧柱は意匠的な柱として建てることがありますが、主に床柱として使われています。
さらに、和室の柱は真壁になっていることが多く、構造と化粧を兼ねており、柾目のヒノキやスギが美しく、ただし高価で最近は手に入りにくくなっています。
そのため、集成材に突板を張った化粧材が使用されることが多くなっています。
また、真壁とは、柱が壁の表面から露出している壁のことを真壁と呼んでおり、柱を下地で覆ってしまう壁は大壁と呼んでいます。
柱に対し梁は、柱と構造的に関係性が深く、柱と柱をつなぎ、床の荷重を柱に伝える役割を担っています。
木材はたわみをおこすので、柱と柱との距離が長ければ、梁の断面を大きくしなければ梁がたわんでしまいます。
胴差は、1階と2階のくだ柱を繋いでおり、通し柱に接合されています。
外壁と床組の構成部材となっています。
軒桁は、同じく柱を繋いでおり、外壁の構成部材で、上部に小屋組みを取り付けるために必要な部材です。
また、柱と、横に伸びる部材である土台や梁、胴差や軒桁により組み立てられた構造は、水平力を受けると変形しやすいので、変形しにくくするために取り付ける斜材が必要になります。
その一つが筋かいで、引っ張る力か圧縮さえる力が働きます。
筋かいの接合部における引き抜きや突き上げに対しては、金物を使用して阻止することができます。
筋かいは特に、耐震性を強化するための耐風構造として普及しています。

Copyright (C)2017家を建てるなら知っておきたい 建物の構造ガイド.All rights reserved.